調査が大切

ドライバー

リフォームする際には構造部分を調べておく事が必要

中古住宅を購入してリフォームする人が増えているのです。リフォームする事を前提として中古住宅を購入する時に、知っておいた方が良いポイントを紹介していきます。リフォームをするとはいえ、中古住宅は傷みの少ない物件を選ぶ事が大切です。特に重要なのが住宅の構造部分です。リフォームでは目に見える表面は容易に改修する事ができるのですが、住宅の内部は簡単に改修する事ができないからです。 特に水まわりの基礎や構造部分は痛みが激しい事が多いため、中古住宅を購入する際には、床下から水まわりの基礎や構造を確かめる事が重要です。照明がないと暗くて見る事ができないため、明るい懐中電灯を持参して内部を確かめる事が重要なのです。

雨漏りやカビが発生していない事を確認する事が大切

また中古住宅を購入する際には、天井にシミがないかよく調べておく事が大切です。天井にシミがある場合は、雨漏りが発生している場合が多いのです。雨漏りが発生しているとリフォームで雨漏りをなおす場合には、多額の予算が必要になるのです。そのため雨漏りが発生していない中古住宅を購入する事が肝心なのです。 また雨漏りが発生していなくても、将来雨漏りが発生しそうな住宅は避ける事が大切です。屋根の構造が複雑で入り組んでいる場合は、雨漏りが発生しやすいため注意が必要です。単純な構造の屋根が耐久性やメンテナンスに優れているのです。壁や天井にはカビが発生していないかチェックすると良いのです。カビが発生している場合は、風通しが悪いため住宅の構造も傷んでいるのです。